ハイヤー運転手に求められるスキルとは

ハイヤーは、あらかじめ予約をすることで利用が可能です。料金設定は時間制であり、ドアサービスなど、上質なサービスを提供しているところは、タクシーとは異なるポイントです。車両のグレードが高く、乗車時間は快適で過ごしやすいでしょう。ハイヤーの主な乗客層は、立場の高い役職に就いている人でしたが、近年では、冠婚葬祭での送り迎えや日常の生活シーンでの移動に利用するケースも増えてきていて、重役以外の方の利用が増加しています。

業務内容から、ドライバーの運転の技術や接客の力が求められますし、突然の渋滞や事故の発生に備えてナビに頼らない地理情報も必要です。加えて、利用の目的も多々ありますから、色々なスキルを持っていると利用者に喜ばれます。その一つが、語学のスキルです。
外国人観光客の利用者が多くなっているので、ドライバーは外国語に堪能な人が求められる傾向が強くなっています。来日する観光客の中には日本語を勉強してくる方もいますが、会話が成立するほどに理解しているとは限りません。そのためドライバーが英語や主要の言語を話せるのが理想です。英語で各観光名所を案内したり出迎えたりすることは、日本のおもてなしにも繋がる欠かせないサービスになってきています。

ハイヤー会社は、個人のお客さんから予約を受けて車を走らせるだけではありません。様々な企業と契約をして、車を走らせることもあります。そうした専属のドライバーとして勤務する場合には、時事情報に精通しているなど、ビジネスマナーやコミュニケーションスキルが求められます。高品質な接客の技術を習得すべく、利用者になったつもりで何が必要かを自分で意識しなければなりません。そうした日々の努力によって、気配りや思いやりの感じられる運転や快適な移動ができるようになります。それが移動時間という身近い間で利用者と信頼関係を結ぶことや、利用者の満足度を上げることにもつなげられるでしょう。

ハイヤーの会社によっては、ドライバーとして採用するにあたって、厳しい基準を設けていたり、乗務を始めるまでの期間に丁寧な研修を実施していたりする場合があります。ただ、ドライバーとしての多様なスキルは会社に入ってからも磨くことができますから、接客の経験や普通二種免許を持っている方などにはおすすめです。就職先としてハイヤーの運転手という職種を選ぶならば、求められるものが多くなりますが、乗客の事を考えて細かな心配りができるサービスができるようになれば、感謝される喜びや、やりがいも感じられるでしょう。