ハイヤーのサービスについて

行きたいところに連れて行ってくれる、それがハイヤーの魅力ではないかと思います。そんなハイヤーは、大きく都市型とその他に分類できます。都市型はその名の通り、都市部の一定の地域でのみ運行できるものであり、平成26年に国土交通省の告示によって新規に設定されました。もともとは新規参入や増車は認められていなかったのですが、円安の影響に伴う観光客増加によってタクシーなどの車不足が社会問題化していき、その補完策として新規参入が認められるようになったのです。

新規参入の条件はいくつかあります。その中のひとつに、実際に車両不足が発生している特定の地域などにおいて、2時間以上の専属契約の条件などを満たすことという内容があります。タクシーやハイヤー業界への新規参入は難しいという印象がありますが、条件さえクリアできれば営業が出来るため、多くの車両を見かけるようになりました。一方、その他の車両は、都市型の車両以外のものを指し、毎日の役員の迎など、2時間未満の利用のケースが該当します。

ハイヤー会社では、それぞれ様々なサービスを提供しています。そのひとつが、24時間365日対応です。社内では、日本語はもちろん英語での対応も可能なオペレーター、いわゆるハイヤー独特のオペレーションが在籍しています。こちらのサービスは24時間365日、多くのユーザーからの車両見積りや予約、手配や観光コースなどの申し込みはもちろん、緊急時の対応もきちんと行ってくれます。会社によってサービス内容が異なりますので、事前に連絡すると良いです。

ハイヤー会社のサービスに関しては、ドライバーの質という面も重要なポイントです。会社には英会話で対応可能なドライバーが多数在籍しているのも特徴と言えるでしょう。ビジネスレベルの英会話力を保有するドライバーも多いので、様々なビジネスシーンで重宝します。また、移動中のサポートも忘れてはいません。ハイヤーでの移動にはある程度の時間が掛かりますが、その移動時間を退屈に感じられる方もいます。そんなユーザーに対しては、東京の見どころの説明や車窓からの案内、さらにおすすめなどを専任ドライバーが英語で案内してくれます。ドライバーは、観光についての知識も豊富であることから、安心して利用できます。このようにハイヤーのサービスには色々ありますので、これから利用される方は自分に合ったものをチョイスしてみてください。