ハイヤーはサービス内容が充実している

会社への通勤や、ちょっとした移動の際に便利な手段のひとつがハイヤーです。移動手段としてはタクシーもありますが、タクシーは街中で手を上げて申し込みするなど流し営業を行っているのが特徴で、乗りたいと思ったとき、見つけられればすぐ乗れます。その一方、ハイヤーは基本的に完全予約制です。どちらも、自分が行きたい場所まで連れて行ってくれるのは同じですが、サービス内容が大きく異なります。

ハイヤーは、ユーザーの快適さを重視しています。タクシーも快適さを追求していますが、ハイヤーはより格式高いものになっている車両が多いです。また、タクシーのドアは自動開きによってユーザーが乗り込こんできますが、貸し切り乗用車は専属の運転手がその都度、車から降りてドアを開けるとういうシステムです。それがハイヤーのシンボルにもなっており、役員や重役の移動手段などとして利用されることが多いです。

さらに料金体系にも特徴があり、タクシーとは異なります。タクシーはメーターを使って、移動距離に比例した料金加算システムになっています。ところがハイヤーは営業許可の関係もあり、一応メーターはついていますが、料金を計算する方法は採用していないのです。要するにタクシーは、実際に乗車した地点から降りた地点までの距離を計算して費用が請求されますが、ハイヤーは、営業所の車庫を出発してから、最後に車庫に帰るまでの実費が請求されることになります。費用が発生する距離がことなりますので、注意しましょう。

このようにハイヤーには特徴がありますが、サービスが充実しているという点が魅力です。会社によっては英会話能力の優れたスタッフが揃っているところもあり、常に最上級のサービスを提供してくれます。会社ごとにスタッフの採用基準は異なりますが、外国のお客さんも多いことから、英会話能力を有する人材を採用しているところも少なくありません。これによって、日本人はもちろん、外国人にとってもより充実したサービスの提供が可能になります。

より快適なサービスをお探しの方は、この機会にハイヤー利用してみてはいかがでしょうか。空港から、もしくは空港への送迎や、その移動中の観光など、どのようなお客さんにも喜んでもらえる、そんなサービスが用意されています。その他にも独自のサービスを提供している会社もありますので、そういったサービス内容から選んでみるのも、ひとつの方法と言えるでしょ